2018年ロシアW杯 デンマーク代表アウェイユニフォーム

2018年ロシアW杯32カ国の代表ユニフォーム一覧のまとめです。各国代表ユニフォームを随時に更新します。ぜひご覧ください。この度、グループCデンマーク代表のアウェイユニフォームをご紹介いたします。

ヘンリー・ミール監督は、選手自身がユニフォームのデザインインプットを「Sharing Dreams」というスローガンで提供する機会を得たと語りました。 デンマークは6月初めにウォームアップマッチでスウェーデンとメキシコと出会って、2018年ワールドカップのハンメルジャージを初めてデビューする予定です。

同じテンプレートに基づいて、デンマークの2018ワールドカップのアウェイユニフォームはいつも通りにホワイトを基調として、赤いロゴと首と袖口の周りに青いトリムが付いていました。 それはホームユニフォームと同じ複雑な詳細を装備しています。今回の2018年モデルは、右胸に懐かしい「マルハナバチ」のロゴマークが帰ってきた、首周りや袖口などに少しだけ使われているブルーの存在にも注目です。近衛兵の色でもあるこの小さなブルーは、W杯初出場の1986年や優勝した1992年の欧州選手権など、過去に好成績を収めた代表チームのユニフォームにも使われていました。赤いショーツと白い靴下がデンマークの2018ワールドカップのアウェーキットを完成させました。

デンマーク代表 2018 W杯ユニフォーム アウェイ

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です