2018日本代表アウェイユニフォーム通販

2018日本代表アウェイユニフォーム通販
20日、日本代表が2018ワールドカップで着用するアウェイモデルが発表されました。日本代表アウェイ新ユニフォームはライトグレー基調で1992年のアジアカップ初優勝時に着用していたモデルに触発されましたが、3ストライプグラフィックを左肩から胸に備えたデザインとなっています。

昨年11月に発表されたホームユニフォーム同様、「勝色(かちいろ)」をコンセプトとしており、純粋無垢な白を基調としたライトグレーを利用し、日の丸のカラーである白と赤を近未来的にライトグレーで表現しており、光の当たり方によって色が変化します。光り輝く未来が表現されています。

1992年のダイナスティカップで日本代表が初の国際タイトルを獲得した際に着用していたユニフォームのデザインを再現することで、過去の勝利からインスパイアされたデザインとなっていると言います。また、アディダス社と日本サッカー協会(JFA)の発表によれば、日本代表アウェイユニフォームとしては初めて青色が一切使われておらず、白と赤のみの配色となって、近未来調のライトグレーをベースカラーに採用します。

首元の内側には、過去5大会分のユニフォームの象徴的なデザインを組み合わせたロゴを配置します。過去20年で積み重ねてきた歴史や経験を背負い、勝利をもぎ取る強い意志を表現しています。

なお、新アウェイユニフォームは現地時間23日にベルギーで行われる国際親善試合のマリ戦でお披露目される予定となっています。サッカー日本代表アウェイ新ユニフォームを探す方、ぜひこちらへどうぞ!

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です