2018年ロシアW杯グループG代表ユニフォーム一覧

2018年ロシアW杯に向けて32カ国は8つのグループに分かれています。ここで、2018ロシアW杯G組代表のサッカーユニフォームをご紹介いたします。G組はベルギー代表、パナマ代表、チュニジア代表とイングランド代表を含めています。もしお好きな代表チームがここにあれば、ぜひ彼らのユニフォームを着て応援しましょう。

ベルギー代表ホーム

2018ロシア大会で着用する新しいユニフォームは、2017年11月6日にadidasがサプライヤーを担当する他のW杯出場国と同時に発表しました。

新ユニフォームは1984年ホームモデルに触発されたデザインです。首周りは1984-85モデルと同じVネックを採用していて、背面の首元にはベルギー国旗色でアーガイル柄をプリントしました。シャツと同系色のスリーストライプスは脇部分に配しています。

2018ベルギー代表ユニフォームホーム


ベルギー代表アウェイ

3月20日、ワールドカップで着用するアウェイユニフォームを発表しました。新アウェイユニフォームはイエローを基調にレッドとブラックの差し色は、ベルギー国旗の3色です。スウェーデンアウェイモデルなどと同じくボーダーとチェックを組み合わせたグラフィックを採用します。肩のアディダス3本線には国旗カラーを使用して、背面の首元にはベルギー国旗色でアーガイル柄をプリントしています。

2018ベルギー代表アウェイユニフォーム



パナマ代表ホーム

パナマ代表のロシアW杯に向けたユニフォームが4月6日、キットサプライヤーのNew Balanceから発表となりました。ホーム、アウェイともに共通のデザインで、初めてのワールドカップを戦う歴史的なユニフォームとなります。

最新ホームユニフォームの色は伝統的に赤基調を採用します。初のW杯出場にあたり、デザインはパナマの国鳥「ハーピーイーグル」や、高層ビル群が圧巻な首都パナマシティのスカイラインなど、パナマの象徴をシェブロンラインで表現しています。 背面にはグラフィックはなくシンプルなデザインです。

パナマ代表 2018ホームユニフォーム


パナマ代表アウェイ

アウェイキットはホワイトを基調にブルーの差し色を使用します。シェブロンラインのグラフィックは、ホームキットよりもこちらの方が見やすいです。左胸にはパナマ国旗を盾形にデザインしたパナマサッカー連盟のエンブレムをプリントして、右胸にはサプライヤー「New Balance」のロゴを赤で備えています。背面には水平ピンストライプの柄が入って、首元の国名はスペイン語表記します。

2018パナマ代表ユニフォームアウェイ



チュニジア代表ホーム

4月6日、ロシアW杯に向けたチュニジア代表ユニフォームが公式発表されました。今回のユニフォームホームは白基調で、差し色として襟とロゴには赤を採用します。サイドに赤のグラフィックが特徴的な仕上がりとなります。

チュニジア代表 2018 W杯ユニフォーム ホーム


チュニジア代表アウェイ

チュニジア代表新ユニフォームアウェイは、ホームの色違いで赤基調となっています。デザインというと、ホームモデルと同じ、白のグラフィックが施されています。

2018チュニジア代表新ユニフォームアウェイ



イングランド代表ホーム

圧倒的な戦績で2018ロシアW杯出場を決めたイングランド代表はその本大会を向けてユニフォームが、現地時間2月7日に発表されました。

ロシアW杯に向けたホームキットは、ホワイトを基調にレッドとブルーが差し色の伝統的なカラーコンビネーションです。襟は赤ライン装飾、ナイキロゴは青で配されています。首周りはVネックともクルーネックとも違う形状がユニークします。ユニフォームは最新技術により、エンブレムは従来よりも64%軽量化に成功し、シャツは空気流量の増加により通気性が向上しています。前モデルではソックスに赤を採用したが新モデルでは白ソックスでリリースされました。

2018イングランド代表 ユニフォーム ホーム


イングラン代表アウェイ

アウェイユニフォームは赤基調でフロントに聖ゲオルギウス十字が配されたデザインです。パンツは白でソックスはシャツ同様に赤となっています。首元にはおなじみのイングランド国旗「セント・ジョージ・クロス」を配して、内側の首元にはイングランドを象徴する薔薇をプリントしています。胸番号はこれまで胸中央にプリントしていたが、2018モデルはシャツの通気性を考慮して右胸のスウッシュ下に変更となっています。

 

2018イングランド代表 ユニフォームアウェイ

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です