鹿島アントラーズ 2018新ユニフォーム発表

鹿島アントラーズ 2018新ユニフォーム

12月25日に発表した、2018シーズン鹿島アントラーズの新ユニフォームです。ファーストとなるホームユニフォームは伝統のディープレッドとネイビーのカラーコンビネーションを採用しています。セカンドとなるアウェイユニフォームはクラブ史上初となるホワイト×ホワイト×ディープレッドのカラーコンビネーションを採用しています。

また。2018年鹿島アントラーズ新ユニフォームスポンサー「mercari」(メルカリ)のロゴが鎖骨部分に新しく追加されます!

【ファースト】

鹿島アントラーズ、2018新ユニフォームを発表!
鹿島アントラーズの新しいホームユニフォームは、伝統のディープレッドとネイビーのカラーコンビネーションを継承しています。ユニフォーム全体で、クラブ伝統と誇りを強烈かつ斬新に表現しました。濃淡をつけたボーダーを用いることで、スピード感と躍動感を表現しています。さらにダークネイビーのボーダーをポイントで使用することで、グラフィックに奥行きを演出しました。相手選手からの距離感に錯覚をもたらすかのような、これまでの固定概念を覆すようなデザイン設計となっています。

エンブレム上には10冠を表す大きなChampion Starが1つ、左袖には9冠を表す小さなChampion Starが9つ刻まれており、全19冠を表しています。

右袖に入れられたロゴは、ホームタウンマークです。調和を意味する球体の中で、ホームタウンを樹木の葉として表現。5つの葉(茨城県鹿嶋市、神栖市、潮来市、行方市、鉾田市の5市)が重なり合うことで、中央に「星」が現れるデザインとなっています。

【セカンド】

鹿島アントラーズ、2018新ユニフォームを発表!
アウェイユニフォームは、クラブ史上初となるホワイト×ホワイト×ディープレッドのカラーコンビネーションを採用しています。白のソリッドを採用することで、シンプルな仕様となっています。

衿や脇にアクセントカラーとしてディープレッドを使用しています。クリーンなイメージの中に、クラブの誇りを感じながらアウェイの地で戦い、勝利を獲得する強い意志を演出。力強く目標に突き進むデザインに仕上げています。

ユニフォームスポンサーは、胸の「LIXIL」、背中上部の「イエローハット」、背中下部の「理想科学工業」、袖の「新日鐵住金」、パンツの「アイフルホーム」がいずれも継続。新たな広告スペースとして注目される鎖骨には、フリマアプリの「メルカリ」と契約を結んだことが発表されました。

また、2018 年からは、ユニフォームスポンサー「mercari」のロゴが鎖骨部分に新しく追加されます。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です