海外日本人ユニフォームセレクション

ここまで、数々の日本人選手が世界各国でプレー。ここでは、ヨーロッパでプレーした選手に焦点をあて、そのなかから印象深いユニフォームをセレクトしました。

NANAMI名波浩(1999-2000)

NANAMI名波浩

ヴェネツィア「イタリア」
背番号:7
サプライヤー:クロノス
胸スポンサー:emmezeta

個人成績:24試合出場1得点
監督:ルチアーノ・スバレッティ(イタリア)
チーム成績:セリエA=16位
(34試合6勝8分20敗、勝点26)
国内カップ=準決勝敗退

名波が一年間セリエAでプレーしたときのユニフォーム。
サプライヤーはクロノス。深い緑を基調にした襟付きのモデルは、
黒い縦縞とオレンジのビンストライプが入った独特の配色が特徴です。
背番号は「7」。名前と番号は白フチの赤。

JO 城彰二(1999-2000)

JO 城彰二

ヴァジャドリー「スペイン」
背番号:25
サプライヤー:ケルメ
胸スポンサー:Caja Espana

個人成績:15試合出場2得点
監督:グレゴリオ・マンサーノ(スペイン)
チーム成績:ブリメーラ=8位
(38試合14勝11分13敗、勝点53)
国内カップ=1回戦敗退

日本人として初めてスペインの舞台に立った城(15試合2得点)。
その僅かな期間に着用したのがケルメ製のこのモデルです。
白紫の縦縞シャツに、胸の派手なスポンサーロゴが印象的です。
名前の「JO」は現地で「ホー」と発音されました。

OKUBO 大久保嘉人(2004-2005)

OKUBO 大久保嘉人

マジョルカ「スペイン」
背番号:17
サプライヤー:レハル
胸スポンサー:Spanair

個人成績:13試合出場3得点
監督:ベニート・フローロ(スペイン)
チーム成績:ブリメーラ=17位
(38試合10勝9分19敗、勝点39)
国内カップ=3回戦敗退

2年間マジョルカでプレーした大久保は通算5得点を記録しました。
その1年目に着用したのが、レハル製のこのモデル。
チームカラーの赤を基調に、袖に黒を配色しました。
黒のパイピングで脇下のメッシュ生地をつないでいます。
背番号は「17」。

NAKATA 中田浩二(2004-2005)

NAKATA 中田浩二

マルセイユ「フランス」
背番号:27
サプライヤー:アディダス
胸スポンサー:N9UF

個人成績:5試合出場0得点
監督:ジョゼ・アニゴ(フランス)ーフィリップ・トルシエ(フランス)
チーム成績:リーグ・アン=5位
(38試合15勝10分13敗、勝点55)
国内カップ=ベスト64決勝敗退

トルシエが指揮していた関係でマルセイユに加入した中田浩二。
在籍期間は短ったが、その時のユニフォームがこれです。
伝統の白ベースにサブカラーの水色を十字ラインに配色した
アディダス製モデルです。背番号は「27」でした。

MIYAMOTO 宮本恒靖(2006-2007)

MIYAMOTO 宮本恒靖ザルツブルグ「オーストリア」
背番号:17
サプライヤー:アディダス
胸スポンサー:レッドブル

個人成績:試合出場0得点
監督:ジョバンニ・トラパットニ(イタリア)
チーム成績:ブンデスリーガ=優勝
(36試合22勝9分5敗、勝点75)
国内カップ=準決勝敗退
UEFAカップ=1回戦敗退
チャンピオンズリーグ=予選3回戦敗退

同じ年に三都主とともにザルツブルクでプレーした宮本1年目のモデルです。
サプライヤーはアディダス。
白基調のシャツの脇から腹部に入った親会社レッドブルのイラストが
目立つ(背中には赤い文字ロゴが入る)。背番号は「17」。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です