サッカー日本代表選手香川真司名言集

香川真司は、兵庫県のプロサッカー選手。ブンデスリーガ・ボルシア・ドルトムント所属します。日本代表選手。ポジションはMF、FW。こちらは香川真司の名言を扱えています。ぜひご覧ください!

香川真司(サッカー日本代表
「成長する時って、必ず苦しい時期があって、一回叩き落とされて、そこを乗り越えて成長していく。ここを乗り越えれば、素晴らしい未来が待っていると思うと、今は本当に苦しいけど、気持ちを強く持っていけるし、ポジティブに考えられる」

日本代表選手香川真司

「小柄な僕は、デカいヤツらに敵わない。だから毎日、毎日、足技を磨いたんだ。世界の大舞台を夢見るキミ。今は負けていても、大丈夫。7年あれば、ライバルを抜ける。7年あれば、想いはかなう。7年後の2020年へ。走れ、今日も。」

日本代表選手香川真司

「常に俺はね、『絶対に最後見とけよ!』と思っている。今は負けているかもしれないけど、コツコツと差を縮めて、絶対に追い抜いてやるという気持ちは、中学校の頃から持っている」

日本代表選手香川真司

「監督から100言われて100やるつもりもないし、ロボットみたいな選手になりたくない。 監督に媚を売るようなね。」

日本代表選手香川真司

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です