サッカー日本代表ユニフォーム激安販売

こちらは近年日本代表ユニフォームの詳細ブログ一覧。2014、2015、2016、2017、2018シーズンの日本代表ユニフォームが豊富に取り揃えています。ぜひチェックください。

日本代表 ユニフォーム 2018ワールドカップユニフォーム

日本代表 2018 ワールドカップ ホーム ユニフォーム

この度、日本代表 ユニフォーム 2018ワールドカップホームユニフォームをご紹介いたします。日本代表ユニフォームにご興味がある方はぜひこちらのブログをご覧ください。

2017年8月31日、ワールドカップアジア最終予選のオーストラリアを勝ち取り、6大会連続ワールドカップに出場が決定しました。

2018日本代表ユニフォームデザイン

伝統的な濃い藍を基調に、ジャパンブルーの原点に立ち返ります。歴史を紡ぐ糸をイメージした「刺し小柄」を採用しています。

「刺し子柄」は初出場から20周年に迎えることを記念し、これまでの努力を築いてきたあらゆる選手、スタッフ、サポーターの思いを紡ぐ、ロシア大会へ挑むというメッセージを込めています。

首元のVネックには、侍の着物の前合わせ部分をイメージした形状で、日の丸の赤を表現した「VICTORYRED(ビクトリーレッド)」カラーを採用しています。

首襟の内側には、過去5大会のユニフォームの象徴的なデザインを組み合わせロゴを配置しています。過去20年で積み重ねてきた歴史や経験を背負い、勝利を勝ち取る強い意志を表現しています。

サッカー日本代表メモリアルユニフォーム2017

サッカー日本代表メモリアルユニフォーム

FIFAワールドカップ初出場決定20周年メモリアルユニフォームの通販ページ。1997年11月16日、それは日本サッカーに関わる者には忘れられない日です。「ジョホールバルの歓喜」、サッカー日本代表が初めてワールドカップの切符を手にした歴史的な日です。あれから早いもので20年が経過しました。

2017年、日本代表にとって戦う一年です。日本代表は2017メモリアルユニフォームがリリースしていました。20年前日本代表はワールドカップ初出場を決めましたが、その時の日本代表がそんなに上手いチームではありません。練習環境にも整えっているとは言えません。しかし、その情熱と野心と本戦出場を渇望する気持ちは、燃えたぎっていました。この度、メモリアルユニフォームです。ここ数年メディアは本戦出場を当然のことのように語っています。夢ではなくなったのか。日本が強くなるのか。世界は相変わらず高い壁のままです。20年前の我武者羅さはどこへ行ったのか。上手い日本じゃなくてもいい。強い日本を世界に見せます。

このユニフォームは、多くの日本サッカーファンが歓喜した1997年11月16日のマレーシア・ジョホールバルで行われたFIFAワールドカップ初出場を決めた試合で着用したユニフォームを現代的にリデザインしました。メモリアルユニフォームは現行モデルのエクノロジーをそのままに進化しています。袖にあしらったアイコニックな炎のデザインと襟元のジャパンレッドのデザインは、サッカー日本代表の情熱と世界の舞台で活躍する姿を表現しています。また、胴体脇には、アディダスの象徴的デザインのスリーストライプスをプリントし、現代のリニューアルを遂げました。

日本代表メモリアルユニフォーム2017が購入したい場合は、ぜひこの20周年メモリアルユニフォームを逃さないでください。

2016 日本代表 ホーム ユニフォーム通販

日本代表ユニフォーム2016 ホームユニフォーム

日本代表ユニフォーム2016 ホームユニフォームが発表された以来、サッカー日本代表のファンたちにすごく愛用されています。

2015年11月、アディダスジャパンは2018年のロシアワールドカップに向けた日本代表ユニフォームを発表しました。その日本代表ホームユニフォームのデザインコンセプトは『青の”調和”』です。

この日本代表ユニフォームは、史上最も濃い青を用いたボディーの前面に、11人の選手の個性を表し、11本の異なる青で構成されたボーダー柄を配置されています。

中央に配された12人目の赤ライン、すなわち12人目のプレーヤーであるサポーターを表した”一本線”です。

後ろ襟にプリントされたのは、協会エンブレムでお馴染みの三本足の鳥の羽。これは2018FIFAワールドカップロシアに導く先導者の象徴としています。

背面全体に採用された高い通気性を備えるハイパーベンチレーションメッシュにより、表側からもそのシルエットが確認できます。軽量ポリエステル糸を採用し、2014年モデル対比で10%軽量化したadizero(アディゼロ)を採用しています。襟付きのユニフォームをモチーフした伸縮性に優れたリブ仕様です。チームエンブレムはワッペン織り縫い付け、エンブレムの上に日本の国旗を刺繍しています。

日本代表ホームユニフォームは激安通販中、さらに、ご自由にマーキング可能です。もし、他のサッカーユニフォームも欲しいなら、ぜひ海外サッカーオンラインショップ「sportscatchup」へようこそ。

日本代表、2016新アウェイユニフォームが発表!

日本代表、2016新アウェイユニフォームが発表

2016年の日本代表ユニフォームホームだけでなくアウェイも同時発表しました。新モデルのコンセプトは『青の”個性”』で、伝統的な白を基調としたデザインです。ダイモンドの輝きから発送を得て、個性的な青の総柄グラフィックを配したデザインです。

ダイヤモンドの輝きをモチーフにしたこのグラフィックにより、11人の選手の輝く個性を表現しています。アディダスの”スリーストライプス”が脇に配置され、ホーム同様背面の首元にはアクセントとして赤が入れられています。

襟裏にはホームのような羽ではなく、飛躍する三本足の鳥。羽が”伝統”を表現していたに対し、こちらは”未来”へ羽ばたく姿をイメージしています。協会エンブレム、日本国旗は織りワッペン縫い付け、アディダスのメーカーロゴを刺繍しています。

オンラインネットでレプリカユニフォームを販売しているショップが多いんですが、お手頃な価格が購入できるサイトは少なくでしょう。この度、価格が安いし、直接にメーカーから発送し、商品もいいお店をおすすめします。ナイキサッカースパイク、キッズセット、代表ユニフォーム、クラブユニフォームなどのサッカー商品を激安販売しています。サッカーファンなら、ぜひどうぞ!

2014FIFAブラジルワールドカップ、日本代表ユニフォーム

日本代表2014FIFAワールドカップユニフォーム

2014FIFAブラジルワールドカップでの日本代表ユニフォームが発表されました。この新ユニフォームは、11月16日、日本代表対オランダ代表戦で、着用されるようです!

日本代表ユニフォームホームは伝統的な「ジャパンブルー」を採用し、前の左胸にある八咫烏のエンブレムからは、11本のラインが広がっています。ピッチに入り、円陣を組んだあと、自陣全体に広がっていく11人の選手を表現しているとのことです。

また、この「11」本というラインは、選手が着用する、ストッキングにも、11本のラインが入っています。

背面の肩ラインは、試合が始まる前に、円陣を組むと、上からみたら1つの円になるデザインだそうです。サポーターの皆さんが、スタンドで肩を組むと、1本ラインが出来上がります!これは、なかなか熱い感じです。結束感を感じています。

軽さを追求した素材「adizero la・ito(アディゼロ ラ・イト)」を採用、前回のユニフォーム約20%も軽くなっています。

サッカー日本代表 アウェイレプリカユニフォーム

アウェイユニフォームは史上初となる「蛍光イエロー」を採用して、背中上部のネオンカラーの「結束の1本線」は選手がピッチ上で円陣を組んだ際、選手、サポーターの強い絆、と勝利への思いを込めた一つの「輪」になるようにデザインされています。結束の1本線と両袖口の配されたネオンカラーはピッチ上での選手の存在感、強さを表現します。

素材には優れた換気・除湿機能でボディをドライで快適に保ち、プレーヤーのパフォーマンスを最大限に引き出すことができます。

日本代表ユニフォーム激安通販サイトは、日本代表をはじめ、多くの代表ユニフォーム、クラブユニフォームを品揃えています。ぜひご覧ください。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です